特集

熊本地震から1年 - 春の熊本・阿蘇をたずねて -
  • 熊本城
  • 桜の馬場 城彩苑
  • 俵山交流館 萌の里
  • 南阿蘇鉄道
  • 阿蘇火山博物館
  • 阿蘇プラザホテル

熊本城

約400年前、加藤清正公が7年の歳月をかけて築いた「熊本城」は、日本三名城の一つに数えられる熊本のシンボル。
熊本地震では最大震度7という激震を二度受け、石垣の崩壊などが64カ所以上、国指定重要文化財に指定された
13棟はすべて破損という被害を受けました。現在、見学できるのは、「二の丸広場」と「加藤神社」など一部のエリア。
見学ルートからは、崩れた石垣や倒壊した櫓などを見ることができ、被害の甚大さを感じられます。

これから長い年月をかけて元の姿を取り戻して行く熊本城。
まずは2019年に天守閣の復旧した姿をご覧いただけるよう、本格的な復旧作業が始まりました。
今しか見ることのできない熊本城、その貴重な姿を見に、足を運んではいかがでしょうか。

※今後、本格的な工事のため、シートで覆われる箇所も出てくる予定です。
熊本城
所在地
熊本市中央区本丸1-1
TEL
096-352-5900
休み
なし
駐車場
あり ※二の丸駐車場は8:00~18:30(3~11月)
HP
https://kumamoto-guide.jp/kumamoto-castle/
熊本城
熊本城
熊本城
熊本城

熊本観光ボランティアガイド 「くまもとよかとこ案内人の会」

TEL
096-356-2333(受付9:00~17:00、土日祝9:00~16:00)
料金
ガイド交通費2,000円(15名まで) ※希望日の3日前までに要予約
熊本城
二の丸広場 加藤神社

桜の馬場 城彩苑

熊本城のふもとに位置する「桜の馬場 城彩苑」は、地域の食文化や歴史、伝統を発信する観光施設です。
敷地内の「歴史文化体験施設『湧々座』」は、体験や展示を通して熊本城への学びを深められる施設。
1階「熊本今昔絵巻」では、清正公の生涯や西南戦争のエピソードをわかりやすく表現した大型紙芝居や、
城下町の今と昔の地形を比較できる体感コーナーなどを設けています。
また現在は、地震直後の熊本城の内部の様子を収めた映像を放映しています。
2階の「ものがたり御殿」では、迫力ある熊本城のVR映像をガイド付きで上映したり、
役者による歴史寸劇の上演など、大人から子どもまで楽しめるプログラムを鑑賞できます。

桜の馬場 城彩苑
所在地
熊本市中央区二の丸1番1-1号
TEL
096-288-5600
時間
9:00~17:30(入館は17:00まで)
休み
12月29日~31日
料金
大人300円、小中学生100円 ※湧々座の入館料
HP
http://www.sakuranobaba-johsaien.jp/
桜の馬場 城彩苑
桜の馬場 城彩苑
桜の馬場 城彩苑 桜の馬場 城彩苑 桜の馬場 城彩苑 桜の馬場 城彩苑

俵山交流館 萌の里

西原で採れた野菜の販売や加工品、工芸品などを販売する物産施設「俵山交流館 萌の里」。
俵山バイパス寸断の影響により、震災後は仮設店舗で営業していましたが、迂回ルートの完成により3月15日(水)から
全館で営業を再開(当面は、仮設店舗の営業も継続予定)しました。
レストランコーナーでは、郷土料理のだご汁のほかうどん、そば、ご飯ものを用意。ほっとする味わいの料理を昼食にどうぞ。

俵山交流館 萌の里
所在地
阿蘇郡西原村小森2115-3
TEL
096-292-2211
時間
9:30~17:30 ※レストランは11:00~14:30
駐車場
あり
HP
http://www.moenosato.net/
俵山交流館 萌の里
俵山交流館 萌の里
俵山交流館 萌の里

南阿蘇鉄道

旧国鉄高森線を引き継ぎ、1985年に誕生した「南阿蘇鉄道」。地元の公共交通機関としての役割のほか、
観光列車としても親しまれている路線です。地震の影響により一時は全線運休しましたが、
昨年7月より高森駅~中松駅間(7.1km)の区間で運転を再開。3/18(土)からは今年の「トロッコ列車 ゆうすげ号」の運行も始まりました。
車窓から望むのは阿蘇五岳やのどかな田園風景、清らかな湧水。運転士による解説も楽しく、片道約20分の乗車時間はあっという間に過ぎていきます。

南阿蘇鉄道
所在地
阿蘇郡高森町大字高森1537-2(高森駅)
TEL
0967-62-0058
駐車場
あり
HP
http://www.mt-torokko.com/
南阿蘇鉄道
line
南阿蘇鉄道

阿蘇火山博物館

目の前に草千里が広がるロケーションに位置する「火山博物館」は、日本を代表する火山・阿蘇山について学べる施設です。
震災後、休館していましたが、11月より再オープンしています。2階の常設展示室では、ジオラマや映像、
パネル展示を通して阿蘇山の火山活動や、阿蘇の生態系などを解説。3階の五面マルチホールでは、
昨年12月より、9万年前の噴火の様子をCGで再現した新作映画「火山の噴火を探る」を随時上映しています(約17分間)。

阿蘇火山博物館
所在地
阿蘇市赤水1930-1
TEL
0967-34-2111
時間
9:00~17:00 (最終入館16:30)
休み
毎月第4週の火曜日
料金
大人860円、子ども430円
駐車場
あり
HP
http://www.asomuse.jp/
阿蘇火山博物館
阿蘇火山博物館
阿蘇火山博物館

阿蘇プラザホテル

阿蘇・内牧温泉に創業して半世紀以上となる老舗ホテル。阿蘇の雄大な景色に囲まれる眺望のよさが広く知られています。
2016年には、屋上露天風呂につかるくまモンの姿が「くまもとでオフろ~う。」キャンペーンのポスターとなり、話題になりました。
熊本地震後は7月から営業を再開。改修工事を進めていた一部の温泉も、4月中の再開を予定しています。
屋上露天風呂は宿泊者のみ、利用可能ですので、夕暮れ時や朝もやの中など、時間によって表情を変える阿蘇の風景を楽しんではいかがでしょうか。
また、地元産中心の旬の食材をふんだんに使った夕食も楽しみの一つ。名物「魔法のシチュー」など、目にも楽しい料理の数々を堪能しましょう。

阿蘇プラザホテル
所在地
阿蘇市内牧温泉1287
TEL
0967-32-0711
時間
宿泊:チェックイン15:00~、チェックアウト~10:00
立ち寄り湯:15:00~20:00(1階 庭園露天付き大浴場のみ)
休み
宿泊:ホームページ参照 | 立ち寄り湯:500円
駐車場
あり
HP
http://www.asoplaza.co.jp/
阿蘇プラザホテル
阿蘇プラザホテル

観光地MAP

1日の感想

熊本県の宿泊予約はコチラ

特集バックナンバーはこちら

ページの先頭へ戻る

CopyRight ©   Kumamoto Prefecture Tourist Federation. All Rights Reserved.